ねずみ退治の方法とメリットデメリット

  • ねずみ退治の必要性とは

    • 最近では一般家庭ではあまり見かけなくなりましたが、日本にはいまだに27種ものねずみが生息しています。

      その中でドブネズミやクマネズミ、ハツカネズミは家やビルなどに入り込んで悪さをすることで知られ、様々な被害を及ぼすため問題視されています。

      ねずみは総じて硬い物を好んでかじってしまう習性があり、食べ物はもちろん建物そのものや配線、家具などまでボロボロにしてしまって火災の原因にもなる非常に危険な存在です。


      しかもねずみの排せつ物は家の中や付着した物を汚染して不衛生であるうえ、ねずみの身体や巣にはダニなどの寄生虫が数多く繁殖しています。


      ねずみを離れたこれらの寄生虫が人間に被害を及ぼす可能性もあり、最悪の場合はねずみの病原体やウィルスが感染してしまうこともあるのです。

      カラス退治情報を厳選して紹介します。

      こういった様々なリスクを考えると、実害が無かったとしてもねずみ退治を行うことが望ましいと言えます。

      朝日新聞デジタルの専門知識を身につけましょう。

      ねずみ退治の具体的な方法としては、とりもちや捕獲用のワナを仕掛けた装置を使用します。


      また、殺鼠剤を含ませた食べ物をわざと撒いておき、食べたねずみを退治するという方法もあります。
      そもそもねずみが寄り付かない場所にするために、ねずみ忌避剤をスプレーしたり通り道を塞ぐことも有効です。



      ねずみ退治は素人が行おうとしても失敗することが多いため、専門業者に依頼して根こそぎ駆除してもらったほうが早いし確実です。
      ねずみは意外としぶといので、1度に全て退治できないこともあるためプロの力を借りたほうが安心です。


top